コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンテ交響曲

デジタル大辞泉プラスの解説

ダンテ交響曲

ハンガリー生まれの作曲家フランツリストの女声合唱または児童合唱と管弦楽のための作品(1855-56)。原題《Eine Symphonie zu Dante's "Divina Commedia"》。ダンテの『神曲』に着想を得て作曲された。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

ダンテこうきょうきょく〔カウキヤウキヨク〕【ダンテ交響曲】

《原題、〈ドイツEine Symphonie zu Dantes Divina Commediaリストの合唱を伴う交響曲。全2楽章。1855年から1856年にかけて作曲。ダンテの「神曲」に着想を得た作品。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ダンテ交響曲の関連情報