ダ・ヴィンチの「受胎告知」初公開(読み)だヴぃんちのじゅたいこくちはつこうかい

知恵蔵の解説

ダ・ヴィンチの「受胎告知」初公開

現存する作品が十数点しかないとされる、ルネサンスの万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチの初期の大作「受胎告知」が日本で初公開された。レオナルドが20代で描いた実質的なデビュー作とみられ、数少ない完成作でもある。イタリア・フィレンツェのウフィッツィ美術館を代表する名品で、記録では第2次世界大戦直前に2度しか館外展示されたことがない。日本との友好のために2007年3月20日から6月17日まで、東京国立博物館で「レオナルド・ダ・ヴィンチ――天才の実像」展に展示され、3カ月で約80万人の入館者があった。04年に発売された小説『ダ・ヴィンチ・コード』以来続いているダ・ヴィンチ・ブームとの相乗効果で、多くの関連本なども出版された。

(山盛英司 朝日新聞記者 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android