コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実像 じつぞうreal image

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実像
じつぞう
real image

レンズや反射鏡によってできるのうち,実際に光線が集ってできる像を実像,そうでないものを虚像という。凸レンズ凹面鏡を使って物体の像をつくるとき,物体が焦点距離の外側にあれば実像ができる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じつ‐ぞう〔‐ザウ〕【実像】

反射屈折した光が、実際に交わって作る像。凸レンズ凹面鏡では焦点より外側に物体を置いたときに生じる。⇔虚像
人や物事の、表面的な名声・評判・うわさなどから知ることのできない本当の姿。「都会の虚像と実像」⇔虚像

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

実像【じつぞう】

レンズや凹面鏡の焦点の外に物体を置くとできる屈折,反射された光線が実際に集まってつくる像。虚像に対する語。
→関連項目凹面鏡

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

じつぞう【実像】

反射・屈折した光線が実際にその各点で交わることによってできる像。
地位・肩書きや風評などを離れた、その人や物の本来の姿。 「現代経営者の-」
▽↔ 虚像

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実像
じつぞう

光学系によって反射または屈折された光が実際に交わって生じている像。虚像に対する語。実像の位置にフィルムまたは磨(すり)ガラスを置くと、実際に光が集まって像を生じていることを確かめることができる。レンズまたは凹面鏡の前側(ぜんそく)焦点よりも前方に物体を置くと実像を生ずる。写真レンズやプロジェクターは実像を利用している。[三宅和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の実像の言及

【像】より

…物体の1点から出た光線束が光学系による反射と屈折を経た後,再び1点で交わるとき,光線束の出る物体の1点を物点,再び交わる1点を像点といい,像点の集まったものを像と呼ぶ。光学系を通過した光線束が実際に1点に集まる場合を実像real image,光線を逆向きに延長したときに1点で交わる場合を虚像virtual imageという。例えば凸レンズによる太陽の像は実像であるが,姿見に映った像は虚像である。…

【レンズ】より

…すなわち,物点を発して,(1)前側焦点を通る光線はレンズを通過後光軸に平行に進む,(2)光軸に平行な光線はレンズを通過後後側焦点を通る,(3)レンズの中心に向かう光線はレンズによっても方向を曲げられずまっすぐに進むという三つの性質を利用すればよい。レンズ通過後の光線が収束して1点に集まる場合は実像,光線が発散してその逆向きの延長が1点を通る場合は虚像である。実像の位置にフィルムを置けば像が記録されるが,虚像の位置では何も記録されない。…

※「実像」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

実像の関連キーワードプルキンエ‐サンソン鏡像ゴメス・デ・ラ・セルナビクトリア朝の傑物伝ミラーレス一眼カメラケプラー式望遠鏡歴史地震研究会スライド映写機ああ探偵事務所花森安治の仕事リレーレンズ世紀児の告白佐々木小次郎不斉炭素原子ストレーチーキラル化合物鈴木 徹郎ホログラムビアボーム金子金治郎対物レンズ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

実像の関連情報