コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チアノ チアノ Ciano, Galeazzo, Conte di Cortellazzo

2件 の用語解説(チアノの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チアノ
チアノ
Ciano, Galeazzo, Conte di Cortellazzo

[生]1903.3.18. リボルノ
[没]1944.1.11. ベロナ
イタリアの政治家,外交官。ローマ大学卒業後,外務省に入り,1930年独裁者 B.ムッソリーニの娘と結婚,36~43年ファシスト政権の外相。第2次世界大戦末期,イタリアの敗色が濃くなるとムッソリーニに批判的となり,43年7月のファシスト大評議会においてムッソリーニ不信任派の急先鋒に立ったため,ベロナで銃殺刑に処せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チアノ【Galeazzo Ciano】

1903‐44
イタリアの外交官。1930年ムッソリーニの長女エッダと結婚,36年に33歳の若さで外相となる。ドイツを警戒してドイツとの接近策に慎重な態度をとり,第2次大戦へのイタリアの参戦を遅らせた。この判断が批判をうけてしだいに権勢を失い,43年2月外相を解任された。同年7月のファシズム大評議会でムッソリーニに不信任票を投じ,のち捕らえられ,44年1月ベローナ裁判で死刑を宣告され処刑された。【北原 敦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チアノの関連キーワードリボルビング払いアイボルトリボ払いリボルバーダリボルカトリボルミネセンスマリボル城マリボル大聖堂りぼんリボルノ港

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チアノの関連情報