チウチュワン(酒泉)地区(読み)チウチュワン(英語表記)Jiuquan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チウチュワン(酒泉)〔地区〕
チウチュワン
Jiuquan

中国西北地方,カンスー (甘粛) 省北西部の地区。ユイメン (玉門) 市,トンホワン (敦煌) 市と,行政中心地のあるチウチュワン市ほか2県と2自治県から成る。南部はホーシー (河西) 回廊の西部にあたり,シューロー (疏勒) 河と支流のタン (党) 河沿いにオアシスが連なり,農業が行われる。コムギ,アワ,テンサイトウモロコシ,果樹,ワタなどを栽培。北部はペイシャン (北山) 山地で,礫質砂漠が広がるが,草地ではラクダ,ウシ,ヒツジが放牧されている。西端のトンホワン市は千仏洞で知られる。中央をランシン (蘭新) 鉄道が通る。人口 82万 4330 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android