コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェバ チェバCeva, Giovanni

1件 の用語解説(チェバの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェバ
Ceva, Giovanni

[生]1647/1648. ミラノ
[没]1734. マントゥーア
イタリアの数学者,技術者。生涯の大部分をマントゥーアの大学教授として過した。数理経済学の初期の著作『貨幣論』 (1711) や幾何学に力学の原理を応用した『直線論』 (1678) ,また微積分学を予想させる『運動の幾何学』 (92) などを書いているが,むしろ初等幾何学におけるチェバの定理で有名。弟の T.チェバ (1648.12.20.~1737.2.3.) も数学者,詩人として有名で,ミラノのイエズス会の大学で数学を教え,G.サッケーリとの幾何学の共同研究で知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チェバの関連キーワードシケイラ・デ・ソウザル・ナン(兄弟)フロンドの乱阿部正次山之井後西天皇ロトルーフランス語ルナンル・ナン[兄弟]

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェバの関連情報