コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェバ Ceva, Giovanni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェバ
Ceva, Giovanni

[生]1647/1648. ミラノ
[没]1734. マントゥーア
イタリアの数学者,技術者。生涯の大部分をマントゥーアの大学教授として過した。数理経済学の初期の著作『貨幣論』 (1711) や幾何学に力学の原理を応用した『直線論』 (1678) ,また微積分学を予想させる『運動の幾何学』 (92) などを書いているが,むしろ初等幾何学におけるチェバの定理で有名。弟の T.チェバ (1648.12.20.~1737.2.3.) も数学者,詩人として有名で,ミラノのイエズス会の大学で数学を教え,G.サッケーリとの幾何学の共同研究で知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チェバの関連キーワードベルトラン(Aloysius Bertrand)アルメニア(アジア南西部)ナヒチェバン[自治共和国]トルコマンチャーイ条約アゼルバイジャン[人]アゼルバイジャン共和国ナヒチェバン自治共和国チェリャビンスク隕石メスロプ・マシトツアモーレス・ペロスアゼルバイジャンナゴルノカラバフシャラフ・ハーンアルメニア(国)ペレストロイカナヒチェバン相似(数学)自治共和国数理経済学ベルトラン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android