コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルシー磁器 チェルシーじき

百科事典マイペディアの解説

チェルシー磁器【チェルシーじき】

ロンドン郊外のチェルシーChelsea工場で行われた窯業。1730年ころ開窯。初めマイセン磁器セーブル磁器,日本の柿右衛門様式などを模倣した磁器を生産。1758年―1770年ころの最盛期には,金焼付などロココ風の華麗な製品を作ったが,1770年ダービー窯に吸収され1785年閉窯した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェルシーじき【チェルシー磁器】

イギリスの最初の軟質磁器およびその窯。1743年ころ,化学者トーマス・ブリアン,銀細工師ニコラス・スプリモントによってロンドンのテムズ河畔のチェルシーChelseaに窯が設立された。開窯期は主として中国の白磁に花文を浮彫装飾したものが作られていたが,50年代から65年にかけてマイセンの影響により柿右衛門様式や伊万里風を模したもの,ならびにロココ風のすぐれた磁器彫像が生産され,チェルシー窯の黄金期を迎えた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チェルシー磁器の関連キーワードCHELSEAチェルシー舞花CHELSEAバタースカッチオ・レCHELSEAヨーグルトスカッチオ・レチェルシー磁器ムガベムーア(Bobby Moore)