コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルトナム チェルトナムCheltenham

2件 の用語解説(チェルトナムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェルトナム
Cheltenham

イギリスイングランド南西部,グロスターシャー県中部の都市。チェルトナム地区を構成する。県都グロスター東北東約 15km,コッツウォールド丘陵の北西麓にあり,セバーン川支流チェルト川に臨む。803年にすでに聖堂があった古い町で,13世紀初期には市場開催も許可された。1716年鉱泉が発見されてから保養地として発展し始め,1788年にジョージ3世も訪れた。塩類を含んだ鉱泉が湧出するほか,競馬,クリケット,テニスなどのスポーツ施設が完備し,毎年現代音楽祭や文学祭が開催され,年間を通して観光・保養客でにぎわう。教育施設も数多く,チェルトナム大学,チェルトナム女子大学をはじめ教員養成大学やグラマー・スクールなどがある。地区面積 47km2。地区人口 11万25(2001)。都市人口 9万8875(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

チェルトナム(Cheltenham)

英国イングランド南西部、グロスターシャー州の都市。1715年に鉱泉が発見されて以来、温泉保養地として発展。作曲家ホルストの生家だったホルスト博物館がある。毎年3月にチェルトナム競馬場で障害競走の祭典が催される。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チェルトナムの関連情報