コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルトーザ修道院 チェルトーザしゅうどういんCertosa di Pavia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェルトーザ修道院
チェルトーザしゅうどういん
Certosa di Pavia

イタリア,ロンバルディア地方,パビアに建つカルトジオ会の修道院。創設 (1396) は G.ビスコンティによるが,独特のファサードは 15世紀末に G.アマデオが着手し,16世紀初めに B.ブリオスコが引継いだもので,浮彫,象眼などで過剰なまでに装飾されている。北イタリア建築にみられる装飾的傾向の頂点を示すもの。コレッジオによる祭壇画がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チェルトーザしゅうどういん【チェルトーザ修道院 Certosa di Pavia】

イタリア北部のパビアの北約9kmにあるカルトゥジア会修道院。1396年ミラノ公ジャン・ガレアッツォ・ビスコンティ(ビスコンティ家)によって創建され,15~16世紀を通じてジョバンニおよびグイニフォルテ・ソラーリ父子,ジョバンニ・アントニオ・アマデオ,クリストフォロ・ロンバルドらにより建設された。大小二つの回廊,修道施設,教会堂からなり,ロンバルディア地方特有の装飾趣味を反映しつつ,正方形を基準とした合理的かつ幾何学的な空間配置をみせる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

チェルトーザ修道院の関連キーワードポントルモ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android