コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェルトーザ修道院 チェルトーザしゅうどういん Certosa di Pavia

2件 の用語解説(チェルトーザ修道院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェルトーザ修道院
チェルトーザしゅうどういん
Certosa di Pavia

イタリア,ロンバルディア地方,パビアに建つカルトジオ会の修道院。創設 (1396) は G.ビスコンティによるが,独特のファサードは 15世紀末に G.アマデオが着手し,16世紀初めに B.ブリオスコが引継いだもので,浮彫,象眼などで過剰なまでに装飾されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チェルトーザしゅうどういん【チェルトーザ修道院 Certosa di Pavia】

イタリア北部のパビアの北約9kmにあるカルトゥジア会修道院。1396年ミラノジャン・ガレアッツォ・ビスコンティ(ビスコンティ家)によって創建され,15~16世紀を通じてジョバンニおよびグイニフォルテ・ソラーリ父子,ジョバンニ・アントニオアマデオ,クリストフォロ・ロンバルドらにより建設された。大小二つの回廊,修道施設,教会堂からなり,ロンバルディア地方特有の装飾趣味を反映しつつ,正方形を基準とした合理的かつ幾何学的な空間配置をみせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チェルトーザ修道院の関連キーワードゴリツィア北部同盟イタリアンイタリアンカジュアルドッビアーコパビア修道院パビア大聖堂ブルカノパビアの戦マルタリアーティ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone