コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェンマイ・イニシアチブ ちぇんまいいにしあちぶChiang Mai Initiative(CMI)

知恵蔵の解説

チェンマイ・イニシアチブ

2000年5月にタイのチェンマイにおいて開催されたASEAN(東南アジア諸国連合)+日中韓蔵相会議で成立した、東アジアにおける経済危機発生時の自助・支援のための地域金融協力への合意。内容は、(1)域内の資本フローに関するデータ及び情報の交換をASEAN+3(日本、中国、韓国)の枠組みで促進する、(2)ASEAN5カ国(インドネシア、シンガポール、タイ、フィリピン、マレーシア)間に既に存在するASEANスワップ協定を全ASEAN加盟国を含み得るよう拡大する、(3)流動性供給のため、域内二国間のスワップ及びレポ取極のネットワークを締結する、からなる。(2)については同年11月に総額10億ドルで実現し、また(3)については日本は、韓国、マレーシア、タイをはじめ7カ国の間でスワップ取極を締結してきた。06年5月4日現在ではネットワークの総額は750億米ドル相当で16件の二国間協定が結ばれている。05年5月のASEAN+3財務大臣会合では「その有効性を強化する方策を検討するために」見直しを行い、また、(1)チェンマイ・イニシアチブの枠組みへの域内経済サーベイランスの統合と強化、(2)スワップ発動プロセスの明確化と集団的意思決定メカニズムの確立、(3)スワップ規模の大幅な拡大、(4)スワップ引出しメカニズムの改善を行うことで合意している。チェンマイ・イニシアチブは、IMFを中心とする既存の国際的支援制度を補完する地域的な枠組みとしての地位を着実に固めている。

(絹川直良 国際通貨研究所経済調査部長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

チェンマイ・イニシアチブ

日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN)で作る資金支援の枠組み。ドル不足に陥った国に、他国がドルを一時的に融通する。97年のアジア通貨危機をきっかけに設けられた。発動された例はない。

(2009-05-04 朝日新聞 朝刊 1総合)

チェンマイ・イニシアチブ

日中韓3国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の計13カ国でつくる通貨交換協定。各国が外貨準備としてためているドル資金を出し合い、通貨危機が起きて外貨不足に陥った国に貸し出し、資金繰りを助ける。1997年のアジア通貨危機を受けて、00年にタイ・チェンマイで開いた「ASEAN+3」財務相会議で、日本の主導で創設された。いまの資金基盤(融資枠)は1200億ドル(約9兆7千億円)。

(2012-03-03 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

チェンマイ・イニシアチブの関連キーワード通貨すわっぷ協定通貨スワップ協定アジア通貨基金アジア通貨協力CMIAMF

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チェンマイ・イニシアチブの関連情報