コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通貨危機 つうかきき currency crisis

4件 の用語解説(通貨危機の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

通貨危機

1997〜98年に東アジアを襲った通貨危機が有名であるが、同じような状況が94〜95年のメキシコに、また92〜93年には通貨統合を目指していた西欧諸国にも発生した。さらにさかのぼると、ブレトン・ウッズ体制下のポンドフランの相次ぐ切り下げも同じ性格を持つ。固定相場制の維持に不信が生じると、通貨切り下げを予想した資本逃避が増加し、通貨当局外貨準備の急減に直面する。そこで現実に、切り下げに追い込まれるという経過をたどる。アジアやメキシコの通貨危機は、対ドル為替相場の固定化が背景にあった。固定相場の水準が実勢よりも高すぎると起こりやすいが、必ずしもマクロ経済状況から説明できない時にも起こる。

(石見徹 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つうか‐きき〔ツウクワ‐〕【通貨危機】

通貨の対外的な価値が急激に下がることで、その通貨が流通する国・地域の経済に大きな混乱・打撃を与えること。新興国では、経済情勢が不安定なことに加え、外国為替相場の取引規模が比較的小さいため、ヘッジファンド等の巨額な投機的資金による攻撃(売り浴びせ)の対象となりやすく、通貨危機が発生しやすい。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

通貨危機【つうかきき】

通貨の対外的価値が急激に下がり,通貨の流通する国家・地域経済に混乱と打撃を与えること。経済情勢が不安定な新興国の通貨を,ヘッジファンドなどの投機的資金が大規模な空売りを仕掛け安くなったところで買い戻すという操作で巨額の利益を得ることで生じる場合がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

外国為替用語集の解説

通貨危機

為替レートが大幅に変動して経済が混乱してしまうこと。通貨が切り下げされるに違いないという一方向へ市場期待のもと、多額の投機資金が国外に流出して起こる。1994年のメキシコ通貨危機、1997年のアジア通貨危機、1998年のロシア通貨危機とブラジル通貨危機などが代表的。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

通貨危機の関連キーワードアジア通貨危機アジア通貨基金東アジアの共通通貨アジア版G7アジアンポップス東アジア・ASEAN経済研究センター東アジアサミット東アジア首脳会議アジア中銀アジア通貨単位(ACU=アキュ)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

通貨危機の関連情報