チェ・マンシク(蔡萬植)(読み)チェ・マンシク(英語表記)Che Man-sik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェ・マンシク(蔡萬植)
チェ・マンシク
Che Man-sik

[生]1902.7.21. 全羅北道,沃溝
[没]1950.6.17
朝鮮・韓国の作家。号,ペクヌン (白菱) など。 1923年,早稲田大学英文科中退後,35年まで新聞記者などをしながら小説を発表。自叙伝的短篇『レディー・メイド人生』 (1934) で脚光を浴びた。以後,植民地支配下や解放後の世相を諷刺した多くの作品を書き,この分野の第一人者となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android