コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チガイソ チガイソAlaria crassifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チガイソ
Alaria crassifolia

褐藻類コンブ目コンブ科の海藻低潮線から漸深帯にかけて生育する。藻体は広い線形,長さ 0.5~1.5m,幅5~20cmに及ぶ。革質でかなり厚い胞子葉が多数藻体の下部につく。食用となる。北海道太平洋岸の日高以西,本州北部に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チガイソ【kelp】

北海道や東北地方太平洋沿岸に分布する褐藻綱コンブ目チガイソ科の1種で,体は膜質,中肋をもち,長く帯状に伸び,0.5~1.5mになる(イラスト)。波の強くあたる潮間帯下部や低潮線下の岩上に生育し,成熟すると体の基部にナタマメ状の胞子葉を羽状に形成する。ワカメの代用品として食用にするが,味は劣る。似た種類にアイヌワカメA.yezoensis MiyabeやオニワカメA.fistulosa Postel.et Rupr.がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チガイソの関連キーワードワダソウ(和田草)ワチガイソウ蝦夷和布千賀磯布蝦夷若布千賀磯稚海藻裙帯菜アラメ稚和布和可米布の葉海布葉若布海布和布搗布

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android