コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チガイソ チガイソ Alaria crassifolia

2件 の用語解説(チガイソの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チガイソ
チガイソ
Alaria crassifolia

褐藻類コンブ目コンブ科の海藻。低潮線から漸深帯にかけて生育する。藻体は広い線形,長さ 0.5~1.5m,幅5~20cmに及ぶ。革質でかなり厚い胞子葉が多数藻体の下部につく。食用となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チガイソ【kelp】

北海道や東北地方太平洋沿岸に分布する褐藻綱コンブ目チガイソ科の1種で,体は膜質,中肋をもち,長く帯状に伸び,0.5~1.5mになる(イラスト)。波の強くあたる潮間帯下部や低潮線下の岩上に生育し,成熟すると体の基部にナタマメ状の胞子葉を羽状に形成する。ワカメの代用品として食用にするが,味は劣る。似た種類にアイヌワカメA.yezoensis MiyabeやオニワカメA.fistulosa Postel.et Rupr.がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チガイソの関連キーワードエゾアワビオオジシギハタハタマツカワ東北地方太平洋沖地震太平洋側気候ちがいそ藜海老エゾイシゲトド(海馬∥魹)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone