コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チキムラ Chiquimula

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チキムラ
Chiquimula

グアテマラ南東部の都市。同名県の県都。首都グアテマラ市の東北東約 110km,ホンジュラスとの国境近くの標高約 420mの地にあり,モタグア川支流サンホセ川にのぞむ。植民地時代に建設され,しばしば地震により大きな被害を受けた。現在周辺の農業地帯の商業中心地で,果実,タバコ,サトウキビトウモロコシ,小麦,ウシなどを集散。首都と道路で結ばれるほか,サカパからエルサルバドルへ通じる鉄道が通る。人口2万 8799 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

チキムラ(Chiquimula)

グアテマラ南東部の都市。チキムラ県の県都。ホンジュラスとの国境に近く、同国の世界遺産であるマヤ遺跡、コパンへの観光拠点としても知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android