コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チシマザクラ(千島桜) チシマザクラPrunus nipponica var.kurilensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チシマザクラ(千島桜)
チシマザクラ
Prunus nipponica var.kurilensis

バラ科の落葉小高木。北海道と本州中部以北の亜高山帯,南千島,サハリンに分布する。幹は高さ 1.5~6m,直立せず基部から分枝し,径 20cmになる。樹皮は古くなると紫褐色で光沢をもつ。葉は有柄で互生し,倒卵形で先端が急に細くなって尾状に長くとがり,縁に二重鋸歯がある。葉柄の上部に蜜腺がある。5~6月,新葉とともに1芽につき1~3個の淡紅色または白色の花を開く。タカネザクラ (高嶺桜) の変種で,葉柄,花柄および萼筒に直立した毛があることで区別できる。盆栽として植えられることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android