チステルナ広場(読み)チステルナヒロバ

デジタル大辞泉の解説

Piazza della Cisterna》イタリア中部、トスカーナ州の町サンジミニャーノにある中心広場。かつて町の水源だった井戸(チステルナ)があり、周囲には13世紀から14世紀頃に貴族たちが建てた塔や居館が並ぶ。1990年に「サンジミニャーノ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

イタリア北部のフィレンツェから50kmほど南に位置する、サンジミニャーノ(San Gimignano)の中世面影を色濃く残す旧市街の一角にある広場。13~14世紀のこの町の最盛期につくられた、石造りのロマネスク様式の建物や塔が取り囲んでいる。ドゥオーモやポポロ宮殿がある市の中心、ドゥオーモ広場に隣接している。◇「チステルナ」は「貯水槽」という意味。この町は11世紀ごろに丘の上に建設されたが、生活用水を確保するため、1237年に、この広場に井戸が掘られ、給水槽が建設された。この13世紀に建設されたチステルナは、第二次世界大戦前まで市民の水源として使われていた。サンジミニャーノの中世の町並みを残す旧市街は、世界遺産に登録されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android