チソンデツェン(読み)ちそんでつぇん(英語表記)Khri srong lde btsan

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チソンデツェン
ちそんでつぇん
Khri srong lde btsan
(742―797)

古代チベット王国(吐蕃(とばん))の絶頂期を確立し、仏教を正式に導入した王(在位754~797)。殺害された父ティデツクツェン王(在位704~754)にかわって13歳で即位し、諸氏族の軋轢(あつれき)のなかで敵対勢力をそぎ、761年には仏教を正式導入する決意を固めて、諸氏族の統制をとった。安史の乱後の混乱に乗じて、763年には長安に侵入し、775年にはサムエ寺の定礎を行う。779年にはチベット人最初の出家となる「試みの6人」が出家し、仏典のチベット訳の事業も始まり、国家仏教の基礎が整った。783年には唐と建中会盟の和議を結んだが、786/787年には敦煌(とんこう)を陥落させて河西(かせい)一帯を支配し、以後半世紀間の繁栄を導いた。[原田 覺]
『佐藤長著『古代チベット史研究 下』(1959・東洋史研究会) ▽山口瑞鳳著『チベット仏教』(『講座 東洋思想5』所収・1967・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android