コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチメカ文化 チチメカぶんか

1件 の用語解説(チチメカ文化の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チチメカぶんか【チチメカ文化】

メソアメリカ後古典期(1000‐1521)の代表的文化。大きく二つの流れに分けることができる。第1期のチチメカChichimeca文化は,現在のメキシコサカテカス州トルテカ文化の影響を受けてメソアメリカ的な〈チャルチウィテス文化〉を生み出した。この文化は,マサパ式・類マサパ式土器,割石による建築などを特徴とし,10世紀ごろになると南へ向かって移動を始める。その移動の過程で,金・銀・銅の冶金術,唇飾,喫煙用パイプ,岩刻画などメソアメリカにはなかった文化要素を,おそらく太平洋岸で身につけてメソアメリカ各地へ広めていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

チチメカ文化の関連キーワードX線天体三千世界戸田忠昌グライダー競技K末法思想鋳物尺

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone