コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チチメカ文化 チチメカぶんか

1件 の用語解説(チチメカ文化の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チチメカぶんか【チチメカ文化】

メソアメリカ後古典期(1000‐1521)の代表的文化。大きく二つの流れに分けることができる。第1期のチチメカChichimeca文化は,現在のメキシコサカテカス州トルテカ文化の影響を受けてメソアメリカ的な〈チャルチウィテス文化〉を生み出した。この文化は,マサパ式・類マサパ式土器,割石による建築などを特徴とし,10世紀ごろになると南へ向かって移動を始める。その移動の過程で,金・銀・銅の冶金術,唇飾,喫煙用パイプ,岩刻画などメソアメリカにはなかった文化要素を,おそらく太平洋岸で身につけてメソアメリカ各地へ広めていった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チチメカ文化の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカ杉アメリカ地中海アメリカ松アメリカン亜米利加アメリカ草あめりか物語汎アメリカ主義

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone