コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チツス帝凱旋門 チツスていがいせんもんArco di Tito

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チツス帝凱旋門
チツスていがいせんもん
Arco di Tito

イタリア,ローマのフォールム・ロマーヌム(→フォールム)東入口にある凱旋門。70年のチツス帝によるエルサレム奪還を記念して,81年ドミチアヌス帝の時代に建造された,ローマ建築を代表する建物。高さ 15.4m,正面幅 13.5m,側面幅 4.75mの白大理石製。アーチ式通路の両側はコンポジット式オーダーの円柱によって飾られ,アーチ上方の最上部正面には銘文が刻まれている。また通路内部の両面の壁には,エルサレム神殿から戦利品を運ぶチツス帝の凱旋行列と,勝利の女神ビクトリアを頭に戴く戦車に乗った皇帝の姿が浮彫にされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android