コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チノリモ(血糊藻) チノリモPorphyridium cruentum Naegeli

世界大百科事典 第2版の解説

チノリモ【チノリモ(血糊藻) Porphyridium cruentum Naegeli】

陰所の湿地や石垣,あるいは温室の土壌表面やガラス面など,空中に露出した場所に血のりをつけたような状態で生育する暗紅色の紅藻。体は径7~10μmの球形の単細胞であるが,2分裂によって増殖した多数の個体が粘質物中に集まって存在するので,全体は血糊のように見える。和名はこの状態に由来する。紅藻綱チノリモ目チノリモ科に所属するが,細胞内に星状の色素体をもつことから,似た形状の色素体をもつウシケノリアマノリなどと近縁の藻と考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android