コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チビクモヒトデ Ophiactis savignyi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チビクモヒトデ
Ophiactis savignyi

棘皮動物門クモヒトデ綱顎クモヒトデ目チビクモヒトデ科。盤径 3.5mm,腕長 1cmほどの小型のクモヒトデで,盤は鮮かな緑色を呈し,腕には濃淡縞模様をもつ。盤背面は小さな鱗でおおわれ,背腕板の外縁には3個の白点がある。潮間帯の岩の裂け目,貝殻内,海綿内に生息し,三崎 (三浦半島) ,伊豆諸島天草諸島,朝鮮半島近海にみられるが,分布は広く,マレー諸島オーストラリアカリフォルニア湾西インド諸島にも及んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チビクモヒトデ
ちびくもひとで
[学]Ophiactis savignyi

棘皮(きょくひ)動物門クモヒトデ綱チビクモヒトデ科に属する海産動物。6本腕をもつ微小なクモヒトデ。腕長1センチメートル以下、盤径3.5ミリメートルぐらい。盤の表面は小鱗(りん)で覆われ、腕の側面に細かいとげが列生する。腕には青緑色と白の交互の縞(しま)がある。磯(いそ)の海綿の中、海藻の根元、あるいは岩のすきまや貝殻の間などにごく普通にみいだされる。体を真っ二つに割り、再生して増える習性がある。本州中部以南、世界の温・熱帯海域に広く分布する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android