チベリウス3世(読み)チベリウスさんせい(英語表記)Tiberius III Apsimar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チベリウス3世
チベリウスさんせい
Tiberius III Apsimar

[生]?
[没]705
ビザンチン皇帝 (在位 698~705) 。2世とも数えられる。属州のキブライア艦隊の司令官の出身で,カルタゴ陥落後,対イスラム戦に派遣されたが,反対皇帝を名のり,首都コンスタンチノープル住民の賛同のうちにレオンチウス帝を廃して即位。海陸にわたる対イスラム戦を終わらせた。しかし 705年秋追放されたユスチニアヌス2世がブルガリア王テルウェルの協力を得て首都を奪回。一時は逃亡したが捕まり,処刑された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android