チボー(Anton Friedrich Justus Thibaut)(読み)ちぼー(英語表記)Anton Friedrich Justus Thibaut

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チボー(Anton Friedrich Justus Thibaut)
ちぼー
Anton Friedrich Justus Thibaut
(1772―1840)

ドイツの法学者。ゲーテやシラーとも交友があった。1802年イエナ大学、1806年以降ハイデルベルク大学のローマ法教授。自然法学の理性的合理主義と歴史法学の保守的経験主義に反対した。ナポレオンがドイツから駆逐された1814年、民族統一運動の高揚とともに『統一的ドイツ一般民法典の必要性について』を発表して、フランス民法典とした法典編纂(へんさん)により、各地方ごとに分裂した法を統一し、国民的統合を図るべきだと主張した。これに対し歴史法学派のサビニーが時期尚早を唱え、有名な法典論争が展開されたが、チボーはサビニーの革命への恐怖心を見抜いていた。チボーの提案が国家によって実現されたのは、ようやく19世紀後半になってからであった。

[佐藤篤士]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android