チボー(英語表記)Thibaut, Anton Friedrich Justus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チボー
Thibaut, Anton Friedrich Justus

[生]1772.1.4. ハーメルン
[没]1840.3.28. ハイデルベルク
ドイツの法学者。ゲッティンゲンのほか,カントのいたケーニヒスベルク,キールの各大学で学び,キール大学のローマ法の教授をはじめ,イェナ,ハイデルベルクで教職についた。『ドイツ一般民法の必要性について』 Über die Notwendigkeit eines allgemeinen bürgerlichen Rechts für Deutschland (1814) という小論が F.K.von サビニーとの「法典論争」のきっかけとなったことは有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チボーの関連情報