コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チボー Thibaut, Anton Friedrich Justus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チボー
Thibaut, Anton Friedrich Justus

[生]1772.1.4. ハーメルン
[没]1840.3.28. ハイデルベルク
ドイツの法学者。ゲッティンゲンのほか,カントのいたケーニヒスベルク,キールの各大学で学び,キール大学のローマ法の教授をはじめ,イェナ,ハイデルベルクで教職についた。『ドイツ一般民法の必要性について』 Über die Notwendigkeit eines allgemeinen bürgerlichen Rechts für Deutschland (1814) という小論が F.K.von サビニーとの「法典論争」のきっかけとなったことは有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チボーの関連キーワードチボー(Anton Friedrich Justus Thibaut)ゲルバー(Brunoシェリング(Henryk Szeryng)チボー(Jacques Thibaud)ロジェ マルタン・デュ・ガールティボー・ド・シャンパーニュロン(フランスのピアノ奏者)ナット(Yves Nat)チボー・ド・シャンパーニュジノ フランセスカッティマリヤ ドンブラフスカマルタン・デュ・ガールアルド チッコリーニフランチェスカッティマルタンデュガールマルグリット ロンチボー家の人々ドンブロフスカイーヴ ナットチッコリーニ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チボーの関連情報