チャウシュテペ城(読み)チャウシュテペジョウ

デジタル大辞泉の解説

チャウシュテペ‐じょう〔‐ジヤウ〕【チャウシュテペ城】

Çavuştepe Kalesi》トルコ東部の都市バンの郊外にある城跡。東方約25キロメートルに位置する。紀元前8世紀、ウラルトゥ王国サドゥール2世により建造。城内には神殿や宮殿があり、楔形(くさびがた)文字が刻まれた石の土台などが残っている。また、青銅器などの出土品の多くはバン博物館が所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android