コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャクマヒヒ チャクマヒヒ Papio comatus; chacma baboon

2件 の用語解説(チャクマヒヒの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャクマヒヒ
チャクマヒヒ
Papio comatus; chacma baboon

霊長目オナガザル科。ヒヒ類中で最も大きく,体長 1m,体重は 50kgをこえる。頭部,肩部ががっしりと大きく,口は犬のようにとがっている。顔は黒色で,背面は緑色を帯びた灰黒色。たてがみはないが,肩に長毛がわずかに生える。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャクマヒヒ
ちゃくまひひ
chacma baboon
[学]Papio ursinus

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。サバンナヒヒと総称されるヒヒのうち、アフリカ南部に分布する種。全身褐色の毛で覆われ、サバンナや半砂漠にすんでいる。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチャクマヒヒの言及

【サバンナヒヒ】より

…アフリカの乾燥帯に生息するヒヒの総称。ギニアヒヒPapio papio,ドグエラヒヒP.anubis,キイロヒヒP.cynocephalus,チャクマヒヒP.ursinusの4種を指す。サバンナヒヒを一つの種Papio cynocephalusとし,上記4種をその亜種とする説もある。…

※「チャクマヒヒ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャクマヒヒの関連キーワードオナガザル旧世界ザルマントヒヒ尾長猿台湾猿手長猿サバンナヒヒパタスモンキーブタオザル(豚尾猿)オナガザル科

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone