コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャヤーノフ チャヤーノフ Aleksandr Vasil'evich Chayanov

4件 の用語解説(チャヤーノフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チャヤーノフ(Aleksandr Vasil'evich Chayanov)

[1888~1939ころ]ソ連の農業経済学者。協同組合主義者で、小農主義理論を展開したが、反革命の罪で逮捕・処刑された。著「小農経済の原理」「農民ユートピア国旅行記」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チャヤーノフ【Aleksandr Vasil’evich Chayanov】

1888‐?
ロシアの農業経済学者。商人の子としてモスクワで生まれ,ペトロフスコエ農科大学に学び,1913年同大学農業経済学科の主任教授となる。17年の革命当時は臨時政府の農務次官であり,18年農業協同組合中央会議議長,20年にはチミリャーゼフ農科大学農業経済研究所所長に任命されたが,20年代後半にスターリンによる粛清の嵐のなか,反革命のかどで追放された。その後の消息は不明(1939年に死亡したともいわれる)。その《小農経済の原理》(1911‐12,ドイツ語による増補改訂版1923)は,19世紀末以来の40年にわたるゼムストボ(地方自治体)統計資料を整理して,小農的家族労作経営を基調とするロシア農業の実態を分析し,主体均衡論に基づく農業経済理論を確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

チャヤーノフ【Aleksandr Vasil'evich Chayanov】

1888~1939頃) ロシアの農業経済学者。モスクワ生まれ。革命後、農業政策にかかわる要職を歴任するが、反革命のかどで逮捕後消息不明。ロシア農業の実態を分析し、小農主義理論を展開。著「小農経済の原理」「農民ユートピア国旅行記」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャヤーノフ
ちゃやーのふ
Александр Васильевич Чаянов Aleksandr Vasil'evich Chayanov
(1888―1939?)

ロシアの農業経済学者。ペトロフスク農科大学を卒業後、同大学の農業経済学科の主任教授となる。1917年ロシア革命当時、臨時政府の農務次官や農業組合中央評議会議長となったが、20年代末スターリンの粛清を受け反革命のかどで逮捕され、39年ごろ死亡したといわれる。23年に『小農経済の原理』を刊行し、小農経済の家族経済的特徴や消費を目的とする性質などをロシア農業についての実態分析のなかで明らかにした。彼の研究は、日本をはじめ他国における小農経済の研究にも大きな影響を与えている。[藤田勝次郎]
『磯辺秀俊・杉野忠夫訳『小農経済の原理』増訂版(1957・大明堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャヤーノフの関連キーワードブリンクマン農業所得農業経営者佐藤寛次大谷省三金沢夏樹久保田明光高岡熊雄那須皓速水佑次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャヤーノフの関連情報