コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャルキリク県 チャルキリクQarkilik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャルキリク〔県〕
チャルキリク
Qarkilik

中国の西北地方,シンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区南東部,バヤンゴル(巴音郭楞)自治州南部の県。漢語名はルオチヤン(若羌)。アルトゥン(阿爾金)山脈の北麓,タリム(塔里木)盆地南東隅にある。チェルチェン(車爾臣)川の支流チャルキリク川に沿うオアシスを中心とし,北部には砂漠やアルカリ性湿地が広がる。クンルン(崑崙)山脈に沿って東西に延びる道路と,タクラマカン(塔克拉瑪干)砂漠東縁をタリム(塔里木)川に沿って北上する道路,アルトゥン山脈を横断して,チンハイ(青海)省ツァイダム(柴達木)盆地に達する道路の十字路にあたる。古くは中国と西アジアを結ぶ西域南道(→西域南北道)の要衝で,鄯善国が栄えた地。年降水量は 10mmと,中国で最も少ないが,灌漑により小麦,綿花を産する。人口 2万6600(1990)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チャルキリク県の関連キーワードタリム(塔里木)盆地コルラ(庫爾勒)市チェルチェンタクラマカンタリム柴達木塔里木

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android