コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タリム Tarim

デジタル大辞泉の解説

タリム(Tarim)

イエメン中央部、ハドラマウト地方の町。17世紀から19世紀にかけてイスラム教スンニー派の中心地となり、365ものモスクや大学が建てられた。アルムフダールモスク、アルシャー宮殿、アルガフ図書館などがある。タリーム。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

タリムの関連キーワードカシュガル(喀什噶爾)川アルトゥン(阿爾金)山脈ヤールカンド(葉爾羌)川ロプノール(羅布泊)湖クムトゥラ(庫木吐剌)タリム(塔里木)川新疆ウイグル自治区シャヤル(沙雅)県ロブ・ノール[湖]ロブ・ノール[湖]コンチ(孔雀)川アクス(阿克蘇)タクリマカン砂漠チャルチャン河タリム[川]カラコルム峠タクラマカントルキスタンロブノールヤルカンド

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android