コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャルダーシュ 〈ハンガリー〉csárdás

デジタル大辞泉の解説

チャルダーシュ(〈ハンガリー〉csárdás)

《「チャルダッシュ」とも》ハンガリーの民族舞曲。4分の2拍子で、ゆるやかな導入部と、急速で独特なリズムをもつ主部とからなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

チャルダーシュ【csárdás[ハンガリー]】

ハンガリーの民俗舞踊。2/4拍子でゆるやかなテンポの導入部(ラッシュー)と急速な主部(フリッシュ)の二つの部分からなる。主部は強いシンコペーションを特徴とする。19世紀後半に流行し,芸術音楽の分野でもリストが積極的に取り入れ,《ハンガリー狂詩曲第19番》をはじめ,《死のチャルダーシュ》などを作曲している。またヨハン・シュトラウス(子)はオペレッタ《こうもり》の中に用いている。【西原 稔】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

チャルダーシュの関連キーワード井波知子