チャンココ(読み)ちゃんここ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャンココ
ちゃんここ

長崎県五島(ごとう)列島の福江(ふくえ)島に伝わる念仏踊。五島市の上大津(かみおおづ)、下大津(しもおおづ)、本山(もとやま)、大浜、富江(とみえ)町などで旧盆の8月13~15日に行われる。頭に花笠(はながさ)または陣笠、腰にビロウの腰蓑(こしみの)を着け、腰太鼓を打ちながら円形で踊る。楽器は2人持ちの重鉦(おもがね)と小鉦で、チャンココの名はチャンが鉦の音、ココは太鼓の音だともいわれる。県の無形民俗文化財に指定される。伝説によると五島藩(福江藩)主の菩提(ぼだい)寺東光寺の住職が御法度(ごはっと)の妻帯の罪で責め殺され、その怨念(おんねん)が領主の家に災いしたので供養のために始められたという。現在は初盆の家を中心に集落内の家々、墓地、市内の通りが主であるが、以前は城中や領主菩提寺、武家屋敷も巡り庄屋(しょうや)宅で打ち上げとした。[萩原秀三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチャンココの言及

【五島列島】より

…辺地の入江には小さな教会が見られ,自然景観にアクセントを与えている。南方風俗の盆供養の念仏踊が,チャンココ,オーモンデーなどとよばれて各地に残存する。値嘉島(ちかのしま)【竹内 清文】。…

※「チャンココ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android