コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンドラキールティ チャンドラキールティCandrakīrti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンドラキールティ
Candrakīrti

インドの仏教学者。7世紀頃活躍した。月称 (げっしょう) と漢訳される。ナーガールジュナ (龍樹) の著書『中論』の注釈書を著わした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャンドラキールティ【Candrakīrti】

7世紀,インド仏教の中期中観派の代表的思想家。生没年不詳。月称と漢訳される。空性の論証が自立的に成立するとする清弁(しようべん)の自立論証の思想と,認識が自立的に成立するとする唯識派の自己認識の理論を批判して,すべては相関的であるという空性の本義を高揚した。その立場は,チベットの伝承で〈自立論証派〉と呼ばれる清弁の立場に対し,自らは主張をもたずただ対論者の主張の過失を指摘することによって空性を論証すべきことを主張し,〈帰謬論証派〉と呼ばれ,特にツォンカパにおいて絶対視された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャンドラキールティ
ちゃんどらきーるてぃ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チャンドラキールティの関連キーワードプサン(Louis de La Vallée Poussin)菩提道次第論アティーシャ

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android