コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンドラー周期(英語表記)Chandler's period

世界大百科事典 第2版の解説

チャンドラーしゅうき【チャンドラー周期 Chandler’s period】

チャンドラー運動ともいう。1891年にアメリカのS.C.チャンドラーの発見した,極運動の一成分の周期で約430日。流体核をもつ地球回転理論の重要な検証の一つ。剛体地球の極運動では周期が305日になることをL.オイラーは1765年に予言していた。観測された周期は,予言値に比べて約130日長く大問題となったが,アメリカの天文学者S.ニューカムは地球を弾性体と考えればこの周期の伸びが説明できることを証明した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチャンドラー周期の言及

【緯度】より

…ところが地球では,地球本体に対して地球の回転軸は固定していないのである。オイラーの自由運動によって,地球の本体は地球の回転軸に対して,約14ヵ月の周期(チャンドラー周期ともいう)で移動する。この運動を回転している地球の上で観測すると,地球の回転軸が地表を貫く点(極)が,地球に対して移動しているように見えるので極運動という。…

【極運動】より

…1736年にL.オイラーは周期305日(これをオイラー周期という)の極運動を予言した。1888年K.F.キュストナーは極運動によって起こる天文緯度の変化を発見し,S.C.チャンドラーはその周期が430日(これをチャンドラー周期という)であることを確かめた。周期の違いは地球の弾性率を考慮すれば説明がつくことをS.ニューカムが証明した。…

【章動】より

…木村栄の発見した年周Z項の原因は,半年周期章動の係数に対する剛体理論値と流体核地球の理論値との差によって説明された。
[自由章動]
 極運動の一成分で,周期約430日のチャンドラー周期,または周期305日のオイラー周期をいう。これらは天文章動が外部天体の引力によって強制的に起こることと異なり,外力のない場合の地球の回転運動であって,地球自身に対する自転軸の運動である。…

【地球】より

… このほか,自転軸が地球の慣性主軸とわずかにずれているために,自転軸は両極を結んだ軸(極軸または形状軸)と一致せず,自転軸は極のまわりをおよそ15mの範囲で移動している。この現象を極運動またはチャンドラー運動といい,約430日周期(チャンドラー周期)の緯度変化として観測される。この現象は人工衛星の軌道変化によっても確かめることができる。…

【チャンドラー】より

…ボストンに生まれ,1861年高校を卒業後グールドB.A.Gouldの個人助手となって沿岸測地局の経度測定に加わった。後にみずからアルムキャンターという浮遊天頂儀をくふうして緯度観測を行い,91年K.F.キュストナーと相前後して緯度変化を発見し,14ヵ月のチャンドラー周期を検出した。1896‐1909年の間グールドの創刊した《The Astronomical Journal》誌の編集に携わった。…

※「チャンドラー周期」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android