コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンパサック王国 チャンパサックおうこく

世界大百科事典 第2版の解説

チャンパサックおうこく【チャンパサック王国】

ラオス南部を中心にした王国。1713‐1947年。ラオス南部のチャンパサックChampassakは,その名のごとく,古代にはチャム族の国チャンパの領域であると推測されている。5世紀ころにはクメール族の真臘がチャム族の住むチャンパサックを征服し,ここを本拠にメコン川の南のカンボジア平野へ進出していった。チャンパサックの古寺ワット・プー付近には,6~7世紀のクメール族の遺跡が多い。 ラオ族のランサン王国がルアンプラバンビエンチャンの2王国に分裂(1707)する少し前の1690年,ビエンチャンで起こった王位簒奪事件で王妃は臣下の者3000人とともにメコン川を下り,南部に逃れた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チャンパサック王国の関連キーワードチャオ・アヌ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android