コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンパサック王国 チャンパサックおうこく

1件 の用語解説(チャンパサック王国の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チャンパサックおうこく【チャンパサック王国】

ラオス南部を中心にした王国。1713‐1947年。ラオス南部のチャンパサックChampassakは,その名のごとく,古代にはチャム族の国チャンパの領域であると推測されている。5世紀ころにはクメール族の真臘がチャム族の住むチャンパサックを征服し,ここを本拠にメコン川の南のカンボジア平野へ進出していった。チャンパサックの古寺ワット・プー付近には,6~7世紀のクメール族の遺跡が多い。 ラオ族のランサン王国ルアンプラバンビエンチャンの2王国に分裂(1707)する少し前の1690年,ビエンチャンで起こった王位簒奪事件で王妃は臣下の者3000人とともにメコン川を下り,南部に逃れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャンパサック王国の関連キーワードナポリ王国ラオス白乾児扶南羅宇Άγιος Νικόλαοςアギオスニコラオス修道院南蛮焼ダム開発方合

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone