チャールズ・マリー・ジョセフ ベディエ(英語表記)Charles-Marie-Joseph Bédier

20世紀西洋人名事典の解説


1864 - 1938
フランスの批評家,中世学者。
元・コレージュ・ド・フランス教授,アカデミー・フランセーズ会員。
パリ生まれ。
ガストン・パリスに学び、「ファブリオー」(1893年)で、このジャンルのインド起源説を否定。フランス固有の物であることを立証し、起源論の不毛性を指摘した。「叙事詩伝説(1906〜13年、4巻)で、伝承理論に反対し、個性的な詩人の役割を重視する個人主義理論を提唱。又、同著ではフランスの叙事詩が古寺の巡礼路に発生したと唱える。「トリスタン物語」の再建についても、風土や個人の役割を重視して優れた業績を残し、その現代仏訳は評判となる。その後、新伝承理論の台頭により、彼の理論の見直しが迫られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android