コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュコート半島 チュコートはんとう

百科事典マイペディアの解説

チュコート半島【チュコートはんとう】

チュクチChukchi半島とも。ロシア,シベリア北東端の半島。円錐状の山地が多く,大部分はツンドラにおおわれる。ベーリング海峡を隔ててアラスカと向かい合う。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チュコートはんとう【チュコート半島 Chukotskii poluostrov】

アジア大陸の東端をなす半島で,太平洋と北極海の一部であるチュコート海を分ける。チュクチ半島とも呼ばれ,ロシア連邦チュコート自治管区に属する。東に突出した先端はデジニョフ岬で,ベーリング海峡をへだててアラスカと向き合う。面積約4万9000km2。チュコート丘陵がその大半を占め,沿岸は岬や湾入が多い。南部にプロビジェーニヤ港がある。【渡辺 一夫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チュコート半島の関連キーワードウミオウム(海鸚鵡)ウミバト(海鳩)デジニョフ[岬]エスキモー語チュクチ語

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android