コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュコート半島 チュコートはんとう

2件 の用語解説(チュコート半島の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

チュコート半島【チュコートはんとう】

チュクチChukchi半島とも。ロシアシベリア北東端の半島。円錐状の山地が多く,大部分はツンドラにおおわれる。ベーリング海峡を隔ててアラスカと向かい合う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

チュコートはんとう【チュコート半島 Chukotskii poluostrov】

アジア大陸の東端をなす半島で,太平洋と北極海の一部であるチュコート海を分ける。チュクチ半島とも呼ばれ,ロシア連邦チュコート自治管区に属する。東に突出した先端はデジニョフ岬で,ベーリング海峡をへだててアラスカと向き合う。面積約4万9000km2。チュコート丘陵がその大半を占め,沿岸は岬や湾入が多い。南部にプロビジェーニヤ港がある。【渡辺 一夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チュコート半島の関連キーワードアジア太平洋協議会オイカワ大陸横断鉄道朝鮮半島東アジア本州アジア太平洋経済社会委員会インド半島南アジア五大州(五大陸)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone