コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チューリンゲン州 チューリンゲンThüringen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チューリンゲン〔州〕
チューリンゲン
Thüringen

ドイツ中部の州。州都エルフルト。東はザーレ川から西はウェラ川に及び,北はハルツ山地のふもとから南はチューリンガーワルトとフランケンワルトにわたる。州名はゲルマン民族の一部族チューリンゲン人に由来。 908年カルル1世 (大帝) がスラブ人に対する防衛線としてチューリンゲン・マルク伯領を設け,ザクセン朝のハインリヒ1世がこれを継承,933年マジャール人の進攻をここで撃退した。 1130年チューリンゲン辺境伯領が成立,1265年ウェッティン家のザクセン公国の一部となったが,15世紀に分割相続によっていくつかの小公国に分裂した。 1815年ウィーン条約によって大部分がプロシア領となり,1920年ワイマール共和国のチューリンゲン州 (州都ワイマール) となった。 44年ザクセン州に属していたエルフルトがチューリンゲン州に加えられた。第2次世界大戦後はソ連占領地区内のチューリンゲン州を構成,49年東ドイツの州となったが,52年にエルフルト,ズールゲーラの3県に分割され,一部はライプチヒ県,ハレ県に属した。 90年東西ドイツ統合に伴い,上記領域をもってチューリンゲン州が再構成された。州域は山がちであるが,ハルツ山地とチューリンガーワルトの間に広がるチューリンゲン盆地は肥沃な農業地帯で,コムギ,オオムギ,サトウダイコン,ブドウなどが栽培される。盆地北部では石炭を産出。工業化が進んでおり,金属,機械,電機,繊維,化学などの工業がエルフルト,イェナ,ゲーラ,ワイマールなどの諸都市に立地する。 M.ルターや J.S.バッハらを生み出し,ワイマール文化を育てるなど文化史的にも重要。面積 1万6172km2。人口 224万9882(2010推計)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

チューリンゲン(Thüringen)

ドイツ中央部にある州。州都エルフルト。南部はチューリンゲン森とよばれる山地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

チューリンゲン州の関連キーワードザクセン=ワイマール公国ルードルシュタットヴァルトブルク城カール コルシュアルンシュタットエルフルト大聖堂ノルトハウゼンザールフェルトアルテンブルクワルトブルク城ハンス ロッホクレーマー橋ゲーテ記念館ゲオルグ教会ヘルダー教会ゾンネベルクイルメナウルターの家バッハの家アイゼナハ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チューリンゲン州の関連情報