コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウジギク(丁子菊) チョウジギクArnica mallotopus; arnica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウジギク(丁子菊)
チョウジギク
Arnica mallotopus; arnica

キク科の多年草で,クマギクともいう。本州の日本海側と四国の深山の湿った場所に生える。地下茎は横にはい,茎は叢生する。葉は対生し,長さ 10cm前後の長楕円状披針形で鋸歯をもち,厚みがあってやや平行に走る葉脈が目立つ。夏から秋にかけて,茎の先端に白毛を密生した花柄を伸ばし散房状に細長い頭状花をつける。頭状花は紫褐色で筒状の総包に包まれ,中に黄色の管状花がある。和名はこの頭状花が香料にするチョウジの花筒に似ていることによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android