コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウセンマツ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウセンマツ

チョウセンゴヨウ(朝鮮五葉)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウセンマツ
ちょうせんまつ / 朝鮮松
[学]Pinus koraiensis Sieb. et Zucc.

マツ科の常緑針葉高木。大きいものは高さ35メートル、径1.5メートルに達する。樹皮は灰褐色、鱗片(りんぺん)状の裂け目を生じ、大きさ不同の鱗片となってはげ落ちる。樹冠は円錐(えんすい)形。葉は太くて三稜(りょう)形をなし、普通は5枚が短枝上に束生し、チョウセンゴヨウ(朝鮮五葉)の名もある。雌雄同株で、開花は5月。球果は卵状円柱形、大形で10~18センチメートル、翌年の秋に熟す。種子は倒卵形で大きい。翼はない。福島県から岐阜県、愛媛県の深山に生え、朝鮮半島、中国東北部、ウスリーに分布する。庭木とし、材は建築、器具、土木、船舶に利用する。種子は食用となり、名にあるように朝鮮半島では普通に食用とされる。[林 弥栄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チョウセンマツの関連キーワードチョウセンゴヨウ東北(中国)江古田植物群朝鮮五葉五葉松朝鮮弥栄海松図們韓松マツ