コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョンベ Tshombe, Moise (-Kapenda)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョンベ
Tshombe, Moise (-Kapenda)

[生]1919.11.10. ムスンバ
[没]1969.6.29. アルジェ
コンゴ民主共和国の政治家。富裕な商家に生れ,初め商人を志したが失敗,政治家に転じ,1960年6月コンゴ独立とともに,カタンガ部族協会連盟 CONAKAT党首としてカタンガ州首相に就任。翌月コンゴ動乱のさなか,ベルギーなどの支援のもとに同州の分離独立を宣言。中央政府と対立したが,62年 12月に始った国連軍の攻撃によって 63年1月カタンガが制圧され,スペインに亡命。 64年7月帰国して中央政府首相に返り咲いたが,65年 10月解任され,再びスペインへ亡命。 67年6月旅行中に部下の裏切りから乗機がアルジェリアに着陸,監禁され獄死した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョンベ
ちょんべ
Mose-Kapenda Tsombe
(1919―1969)

ツォンベとも表記する。旧ベルギー領コンゴ(現コンゴ民主共和国)出身の政治家。11月10日カタンガ州の富裕な事業家の子に生まれ、ルンダ人の首長の女婿となって、部族内での地位をいっそう強化した。中学卒業後一時事業家として活動したが、やがて政治家に転身、1958年にコナカ党(ルンダ人の政党)の党首となった。1960年コンゴ共和国(のちザイール共和国、現コンゴ民主共和国)の独立とともにカタンガ州首相となり、コンゴ動乱勃発(ぼっぱつ)直後の同年7月カタンガ州の分離独立を宣言した。1963年1月国連軍によってカタンガが制圧されると、分離を終結してスペインに亡命したが、1964年6月に帰国して中央政府首相に就任、左派ゲリラ勢力の鎮圧に成功した。その後カサブブ大統領と対立して1965年10月に解任され再度スペインに亡命、1967年6月乗機がアルジェリアに強制着陸させられ、1969年6月29日アルジェの獄中で病死した。[小田英郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チョンベの関連キーワードアンゴラ民族解放戦線シャバ州侵攻事件モイズ ツォンベカタンガ州ツォンベギゼンガ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android