コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョンベ チョンベ Tshombe, Moise (-Kapenda)

2件 の用語解説(チョンベの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョンベ
チョンベ
Tshombe, Moise (-Kapenda)

[生]1919.11.10. ムスンバ
[没]1969.6.29. アルジェ
コンゴ民主共和国の政治家。富裕な商家に生れ,初め商人を志したが失敗,政治家に転じ,1960年6月コンゴ独立とともに,カタンガ部族協会連盟 CONAKAT党首としてカタンガ州首相に就任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョンベ
ちょんべ
Mose-Kapenda Tsombe
(1919―1969)

ツォンベとも表記する。旧ベルギー領コンゴ(現コンゴ民主共和国)出身の政治家。11月10日カタンガ州の富裕な事業家の子に生まれ、ルンダ人の首長の女婿となって、部族内での地位をいっそう強化した。中学卒業後一時事業家として活動したが、やがて政治家に転身、1958年にコナカ党(ルンダ人の政党)の党首となった。1960年コンゴ共和国(のちザイール共和国、現コンゴ民主共和国)の独立とともにカタンガ州首相となり、コンゴ動乱勃発(ぼっぱつ)直後の同年7月カタンガ州の分離独立を宣言した。1963年1月国連軍によってカタンガが制圧されると、分離を終結してスペインに亡命したが、1964年6月に帰国して中央政府首相に就任、左派ゲリラ勢力の鎮圧に成功した。その後カサブブ大統領と対立して1965年10月に解任され再度スペインに亡命、1967年6月乗機がアルジェリアに強制着陸させられ、1969年6月29日アルジェの獄中で病死した。[小田英郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョンベの関連キーワードサムスンスンバ島スンバワ島サムスン電子ラブハンバジョむすんでひらいて日本サムスンスンバワ種 (Sumbawa)スンバ種 (Sumba)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チョンベの関連情報