コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョン・セボン(千世鳳) チョン・セボンCh'ǒn Sebong

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョン・セボン(千世鳳)
チョン・セボン
Ch'ǒn Sebong

[生]1915.2.10. 咸鏡南道,高原
[没]1984. 平壌
北朝鮮の作家。貧農の家に生れ,小学校を卒業。 1945年の解放後,農村変革をリアルに描いた『嶺路』 (1946) その他の作品で作家として認められた。代表作中編『戦う村人たち』 (53) ,『白雲わく土地』 (53) ,『大河は流れる』 (62) ,長編『石渓谷の新春』 (第1部 58,第2部 63,第3部 65) ,『苦難の歴史』 (第1部 64) などがある。土地改革に始る農村の変革の過程と農民の意識の成長をテーマにした作品が多い。朝鮮文学芸術総同盟副委員長,作家同盟委員長などを歴任。 70年 11月の朝鮮労働党第5回大会で党中央委員候補に選出された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チョン・セボン(千世鳳)の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット高校野球[各個指定]芸能部門グリフィスデミル(Cecil Blount De Mille)三木露風日本の医学史(年表)

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android