コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千世鳳 せんせいほう

百科事典マイペディアの解説

千世鳳【せんせいほう】

朝鮮の作家。咸鏡南道生れ。朝鮮民主主義人民共和国の最高人民会議代議員,朝鮮作家同盟委員長のかたわら,長編大河は流れる》(1962年),《石渓新春》(1958年−1965年),《ねがい》(1980年),中編《戦う村びとたち》,短編《大地の序曲》《虎爺さん》などを著す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんせいほう【千世鳳 Ch‘ŏn Se‐bong】

1915‐86
朝鮮の作家。咸鏡南道生れ。1929年郷里の小学校を終え,農夫,運送店事務員として働きながら文学修業,解放後作家活動を始めた。朝鮮戦争の一時的後退期にはパルチザン活動に参加。多年にわたり朝鮮民主主義人民共和国の最高人民会議代議員,朝鮮作家同盟委員長をつとめ,創作の功労により金日成賞を受けた。解放前後の農村の変化と農民の成長を描いた長編《大河は流れる》(1962),《石渓の新春》(1958‐65),《ねがい》(1980),後退期のパルチザン闘争と不屈の農民の姿を描いた中編《戦う村びとたち》などのほか,短編《大地の序曲》《虎爺さん》など民族色豊かな作品が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千世鳳
せんせほう

チョン・セボン(千世鳳)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千世鳳
せんせいほう / チョンセボン
(1915―1986)

北朝鮮の作家。咸鏡南道(かんきょうなんどう/ハムギョンナムド)の生まれ。1929年小学校卒業後、働きながら文学修業、解放後作家活動を始める。朝鮮戦争のおりパルチザンにも参加。多年、最高人民会議代議員、朝鮮作家同盟委員長の任に当たり、金日成賞、ロータス賞を受けた。解放前後の農村の移り変わりと農民の成長を描いた長編『大河は流れる』(1962)、『石渓(ソッケウル)の新春』(一部・1958、二部・1963、三部・1965)、『願い』(1980)、『銀河』(1982)のほか、中編『戦う村びとたち』(1952)、短編『虎爺(ホランじい)さん』(1949)などがある。[金 学 烈]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

千世鳳の関連キーワードチョンセボン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android