コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

千世鳳 せんせほう

4件 の用語解説(千世鳳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

千世鳳
せんせほう

「チョン・セボン (千世鳳)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

千世鳳【せんせいほう】

朝鮮の作家。咸鏡南道生れ。朝鮮民主主義人民共和国の最高人民会議代議員,朝鮮作家同盟委員長のかたわら,長編《大河は流れる》(1962年),《石渓の新春》(1958年−1965年),《ねがい》(1980年),中編《戦う村びとたち》,短編《大地の序曲》《虎爺さん》などを著す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せんせいほう【千世鳳 Ch‘ŏn Se‐bong】

1915‐86
朝鮮の作家。咸鏡南道生れ。1929年郷里の小学校を終え,農夫,運送店事務員として働きながら文学修業,解放後作家活動を始めた。朝鮮戦争の一時的後退期にはパルチザン活動に参加。多年にわたり朝鮮民主主義人民共和国の最高人民会議代議員朝鮮作家同盟委員長をつとめ,創作の功労により金日成賞を受けた。解放前後の農村の変化と農民の成長を描いた長編《大河は流れる》(1962),《石渓の新春》(1958‐65),《ねがい》(1980),後退期のパルチザン闘争と不屈の農民の姿を描いた中編《戦う村びとたち》などのほか,短編《大地の序曲》《虎爺さん》など民族色豊かな作品が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

千世鳳
せんせいほう / チョンセボン
(1915―1986)

北朝鮮の作家。咸鏡南道(かんきょうなんどう/ハムギョンナムド)の生まれ。1929年小学校卒業後、働きながら文学修業、解放後作家活動を始める。朝鮮戦争のおりパルチザンにも参加。多年、最高人民会議代議員、朝鮮作家同盟委員長の任に当たり、金日成賞、ロータス賞を受けた。解放前後の農村の移り変わりと農民の成長を描いた長編『大河は流れる』(1962)、『石渓(ソッケウル)の新春』(一部・1958、二部・1963、三部・1965)、『願い』(1980)、『銀河』(1982)のほか、中編『戦う村びとたち』(1952)、短編『虎爺(ホランじい)さん』(1949)などがある。[金 学 烈]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

千世鳳の関連キーワード咸鏡南道韓雪野摩天嶺山脈後藤明生菊田一雄金教臣崔麟許泳松井房治郎羅雲奎

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone