コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チリコシー Chillicothe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チリコシー
Chillicothe

アメリカ合衆国,オハイオ州南部,シオト川とペイントクリークにのぞむ都市。 1796年にバージニアからの移住者が入植。地名はインディアンのショーニー族の言葉で「主要な町」の意味。アデナ州立博物館があり,インディアンおよび初期の開拓者たちに関する史料を保存。農業地域の中心地で,オハイオ=エリー運河 (1830) やマリエッタ=シンシナティ鉄道 (52) の開通によって商業都市として発達。製紙業が重要。オハイオ大学の分校がある。人口2万 1923 (1990) 。

チリコシー
Chillicothe

アメリカ合衆国,ミズーリ州北部の都市。カンザスシティーの北東約 50km,グランド川沿岸にある。 1830年頃入植。 46年鉄道が開通,酪農地域の中心として発展,現在のおもな工業は農場用ろ過器,道路建設用機械などの製造である。人口 8804 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チリコシーの関連キーワードアメリカ合衆国サーマン

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android