コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チリ社会党 チリしゃかいとうPartido Socialista de Chile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チリ社会党
チリしゃかいとう
Partido Socialista de Chile

チリの政党。 1933年設立。 38年の大統領選挙では急進党,共産党などと人民戦線を組織して勝利し,P.アギレ・セルダ政権を維持した。 52,58,64年の大統領選挙には S.アジェンデ・ゴセンスを候補者に推したが,いずれも落選。しかし 70年には共産党,急進党と人民連合を組みアジェンデを大統領に就任させた (→チリ人民連合政権 ) 。「チリ型社会主義」を標榜するアジェンデの政策はやがて経済の悪化を招き,73年には軍部によるクーデターが発生,A.ピノチェト・ウガルテの軍事政権によって政党活動が禁止された。民政移管後の 89年にホルヘ・アラテ・マクニベン書記長,クロドミロ・アルメイダ・メディナ党首の執行部を中心に再統合され,同年 12月総選挙ではキリスト教民主党を中心とする 17党の大連合に参加,パトリシオ・エイルウィン統一候補を大統領に就任させたが,同月実施された国会選挙で社会党の議席は一桁にとどまった。 93年 12月大統領選挙でもキリスト教民主党主導の7党連合「コンセルタシオン」に加わり,エドアルド・フレイ統一候補を大統領に当選させた。同月の中間選挙では議席を倍増させ 16議席を獲得したが,97年 12月の総選挙では 11議席へと勢力を後退させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チリ社会党の関連キーワードキリスト教民主党[チリ]ミチェル バチェレ民主主義党[チリ]リカルド ラゴスS. アジェンデラゴス

チリ社会党の関連情報