コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チールシュ Thiersch, Karl

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チールシュ
Thiersch, Karl

[生]1822.4.20. ミュンヘン
[没]1895.4.28. ライプチヒ
ドイツの外科医。 1848年ミュンヘン,54年エルランゲン,67年ライプチヒ各大学の教授を歴任。 65年には癌の上皮起源説を発表,皮膚移植などについての業績も多く,彼が改良した表皮植皮術はチールシュ植皮術と呼ばれる。直腸脱,肛門脱の治療にチールシュ肛門形成術があるが,これも彼の創案によるものである。また,創傷の治癒過程を観察,その記録を残している。主著『表皮癌』 Der Epithelialkrebs,namentlich der Haut (1865) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チールシュの関連キーワードウンダーリヒ(Karl Reinhold August Wunderlich)形成手術

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android