コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェリェ Celje

デジタル大辞泉の解説

ツェリェ(Celje)

スロベニア東部にある同国第3の都市。サビニャ川に沿う。古代ローマ皇帝クラウディウスの時代に町が築かれ、中世にはツェリェ伯領の中心地として栄えた。13世紀のツェリェ城、14世紀の聖ダニエル教会をはじめとする歴史的建造物が残っている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ツェリェ【Celje】

スロベニア中東部の都市。人口4万(1995)。リュブリャナマリボルの中間,サビニャ河畔にある。町の起源はローマ時代のケレイアCeleiaにさかのぼり,7世紀ごろスロベニア人が移住した。中世はドイツ人出自のツェリェ伯が婚姻でポーランド,ハンガリー,ボスニア,セルビアとも結ばれ,中欧で大きな影響力をもち,14~15世紀はその最盛期であった。しかしハプスブルク家と確執を生じ,1456年から同家の所領となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android