コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツナソ(綱麻) ツナソCorchorus capsularis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツナソ(綱麻)
ツナソ
Corchorus capsularis

シナノキ科の多年草。インド原産といわれる。作物としては一年草として扱われる。高さ1~2.5m,茎は濃黄緑色で根もとから分枝し,互生する葉は長さ 10cmあまりの披針形で先は鋭くとがる。栽培する場合は密植し,枝分れをさせないのが普通である。葉柄の基部には1対の針状の托葉があり,また葉身の基部の左右に針状の突起がある。夏から秋の頃,葉腋に芳香のある小さい黄色の花が数個集ってつく。花は5萼片,5花弁をもち,花弁は長さ約 7mm,先端がややへこむ。おしべ多数,めしべの子房は星状に5つに裂け,褐色で球形の 蒴果となる。茎からとる繊維ジュートまたは黄麻と呼ばれ,穀物,茶,綿花,チリ硝石などを入れる袋に使用する。主産地はインドのベンガル地方とバングラデシュで,世界の生産のほぼ全部を占める。なお,近縁の別種シマツナソ C. olitoriusからも同様の繊維をとり,やはりジュートと呼ぶことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ツナソ(綱麻)の関連キーワードシナノキ科コウマ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android