コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツバサゴカイ ツバサゴカイChaetopterus variopedatus; parchment worm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツバサゴカイ
Chaetopterus variopedatus; parchment worm

環形動物門多毛綱定在目ツバサゴカイ科。体長5~25cm。体は柔軟で,3部分に分れる。前体部は扁平で9節から成り,各体節には剛毛の束がある。中体部は5節で,その第1節には翼状突起を,第2節は長く,背中線上に円形吸盤体を,他の3節には円板状の扇状体をそれぞれもつ。後体部は最も長く,ゴカイに似た体節が 15~60節並んでいる。潮間帯,あるいは浅海の砂泥底に長さ 80cmほどのU字形の膜質の棲管をつくり,その中にすむ。棲管の両端は砂泥底上に突き出ている。刺激を与えると全体が発光し,特に中体部が強く発光することが知られている。本州中部以南の太平洋,インド洋ペルシア湾地中海大西洋に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ツバサゴカイ【Chaetopterus variopedatus】

多毛綱ツバサゴカイ科の環形動物。中体部に1対の大きな翼状背足枝をもっているところからこの名がある。本州中部以南から世界の温帯域に広く分布し,砂泥中に深さ30~50cmのU字形の穴をつくってその中にすむ。管の両端は砂上にでている。体長20cm内外で前,中,後の3体部からなる。前体部には9環節あり,頭部に1対の細長い副感触手をもっている。中体部は5節からなり,その最初の節に翼状背足枝があって,上方に向いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツバサゴカイ
つばさごかい / 翼沙蚕

環形動物門多毛綱定在目ツバサゴカイ科の総称、またはそのなかの1種。種のツバサゴカイChaetopterus variopedatusは、体長20センチメートル内外で、前、中、後の3体部からなる。前体部は9環節からなり、頭部に1対の細長い副感触手がある。5節からなる中体部の第1節には大きな1対の翼状背足枝があって、この名がつけられている。砂や貝殻片を付着した膜質の管の中にすみ、U字形に深さ10~50センチメートルも潜って管の両端を砂上に出す。ツバサゴカイが機械的あるいは化学的な刺激によって発光することは古くから知られており、副感触手や中体部の翼状の背足枝と後体部のいぼ足の基部などの腺(せん)から発光物質が分泌され発光する。本州中部地方以南に分布し、干潟から水深10メートルくらいまでの砂泥中にすむ。
 ツバサゴカイ科Chaetopteridaeの種類は、日本に5種類が知られている。スナタバムシMesochaetopterus minutusは、直径2ミリメートルほどの砂をつけた管をつくり、それらが多数集まって大きな塊になる。アシビキツバサゴカイTelepsavus costarumは、多数の環線をもった角質様の棲管(せいかん)をつくる。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツバサゴカイの関連キーワードチューブワーム発光(生物)スナタバムシ発光生物翼沙蚕多毛類砂束虫受精

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android