コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツメダニ

世界大百科事典 第2版の解説

ツメダニ

前気門亜目ツメダニ科Cheyletidaeに属するダニの総称。大部分が自由生活性かつ捕食性で,貯蔵食品や室内塵に発生したコナダニ類やチリダニ類など小型のダニ類を捕食するために二次的に発生する。この意味から一見益虫のように考えられるが,食品中には異物として検出されたり,ヒトに移行して皮疹を起こしたりする。体長0.2~1.0mm,卵円形胴部は乳白色を呈し,境界溝によって前胴部と後胴部に区別される。触肢はよく発達して強大で,末端に巨大なつめや櫛(くし)状の毛があるのが特徴。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツメダニ
つめだに / 爪

節足動物門クモ形綱ダニ目前気門亜目ツメダニ科Cheyletidaeに属するダニの総称。体長はほぼ0.7ミリメートル以下。体色は白色または淡赤色で、とくに顎体(がくたい)部の触肢は強大で、つめも大きく、他種とよく区別できる。各種の食品をはじめ、哺乳(ほにゅう)類の体表、土壌、植物からもみいだされ、それぞれの環境にいるほかのダニ類やそのほかの節足動物について体液を吸う。発育史は、雌では卵→幼虫→第1若虫→第2若虫を経て雌成虫になるが、雄では第1若虫からすぐ雄成虫になる。クワガタツメダニ、ホソツメダニ、フトツメダニ、ツヨツメダニなどは貯蔵食品や畳に発生する。アシナガツメダニ、タタミツメダニはよく畳にみられる。ヤソツメダニ、ウサギツメダニ、ネコツメダニCheyletiella blakeiはネズミ、ウサギ、ネコなどの体表からみいだされる。また、これらのダニはしばしばヒトに皮膚炎をおこさせる。食品に発生したコナダニにより皮膚炎をおこす例があるが、これはコナダニを捕食するツメダニによることが多いとされている。[松本克彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のツメダニの言及

【ダニ(蜱∥蟎∥壁蝨)】より

…ツツガムシは日本各地に散在するツツガムシ病の媒介者として有名である。家屋内で人を刺すのはイエダニやツメダニが主であり,食品倉庫などではシラミダニによる被害もときとして起こる。家畜,家禽にもダニが多く寄生し,放牧地の牛馬にはマダニ,ニワトリ,ハト,小鳥にはワクモやトリサシダニがつく。…

※「ツメダニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ツメダニの関連キーワードケダニ爪蜱毛蜱

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ツメダニの関連情報