コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルニャンスキ Miroš Crnjanski

世界大百科事典 第2版の解説

ツルニャンスキ【Miroš Crnjanski】

1893‐1970
ユーゴスラビアの文学者。ボイボディナの生れ。ウィーン,ベオグラードに学ぶ。アンドリッチらと第1次大戦後の新文学を主導,《イターキ島抒情詩集》(1920)は記念碑的作品となった。戦中・戦後は勤務地のロンドンで亡命生活を余儀なくされ,1965年に帰国。1962年,セルビア人の運命を描いた大河小説《移住者》を30年ぶりに完成,71年には一ロシア人にみずからの孤独な日々を託した長編《ロンドン物語》を発表した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のツルニャンスキの言及

【ユーゴスラビア】より

…またナゾルとコバチッチIvan Goran Kovačić(1913-43)はパルチザン戦争に身を投じて自己改革を行ったユニークな詩人である。戦前のベオグラードでは,詩人ツルニャンスキダビチョらが表現主義から超現実主義風の作品を発表する一方,ヌシッチは風刺で現実を笑殺した。
[第2次大戦後の文学]
第2次大戦後の社会主義期には,マケドニア語が詩人コネスキらの努力で文語として確立し,K.ミラディノフやラツィンKočo Racin(1908-43)の伝統を継いで,ヤネフスキSlavko Janevski(1920- ),ウロシェビッチVlada Urošević(1934- )らが輩出し,詩壇に新風を吹き込んだ。…

※「ツルニャンスキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ツルニャンスキの関連キーワードユーゴスラビア文学10月26日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android